住居者の健康を考えた家造り

セパレート

近年よく耳にするのが、シックハウス症候群です。これは建物の材料に化学物質などが含まれていることにより、アトピーやアレルギーをはじめ喘息や頭痛などが生じる症状です。精神的にイライラすることもあります。しかしながら自然素材を使って家を建てることで、こうした不調を防ぐことができます。例えば天然の木材を使用すると木の香りによりリラックス効果が期待できてストレスを感じにくいです。その結果、高血圧の予防にもなるでしょう。さらに有機物の木材には天然の毒が含まれており、そのおかげで虫が発生しにくいメリットもあります。調湿効果のあるコルク剤などは結露も発生しにくく、黒カビ予防にもつながります。黒カビはアレルギーや喘息を引き起こすので、結露ができなければそうした辛い症状も緩和できるのです。このように自然素材の家の施工例を見ると、住居者の健康についてよく考えられていることが分かります。

天然素材の家のこだわり材料の特徴

部屋

天然素材を使った住居は化学物質を含んでおらず、住居者の健康に無害であることが大きな特徴です。使われている材料は、昔の家の材質に似ています。例えば現代の建物に多い科学ボードは呼吸をしない壁ですが、昔は土壁でした。自然素材の家の施工例では、空気を洗浄してきちんと呼吸をする漆喰壁がよく見られます。また草や瓦で作っていた屋根も、現代はアスベストに似たスレート瓦が多いです。天然素材の家では、天然石が使われています。また化学物質を使わない工夫として、断熱材はロックウールやグラスウールの代わりに調湿効果の高い炭化コルクなどが人気です。ドアは塩ビシードではなく昔ながらの米のりで接着した無垢剤使用です。そうすることで万が一火事が起きても有毒ガスが発生しません。こうした材質のこだわりと工夫により、住居者が安心して暮らせるのです。

愛着を持って住むことができるマイホーム

住宅模型とお金

漆喰の壁や木目調の綺麗な柱、天然石を取り入れた屋根やエントランスなどの施工例は見た目も美しく洗練されています。木のぬくもりと安全性を考えて、家の中の家具類も木工にする人も多いです。ナチュラルで手作り感溢れる空間は、とても居心地が良く飽きることがありません。漆喰の壁なども、一塗り一塗り職人が手間暇かけて仕上げる技です。さらに木材は月日が経つごとに味わいが深くなってきます。勿論壁も屋根もメンテナンスが必要ですが、手入れをするごとに天然素材は良い風合いが出てくるのです。そして住んでいる人もますます愛着が湧いてくることでしょう。手をかけるほど材質の深みが増してくるのは、天然素材ならではの魅力です。自分たちのマイホームだからこそ、家族みんなが「大好き」という気持ちを持って暮らしたいものです。家の中にいて心身共に穏やかで気持ち良くいられるのは、幸せなことと言えます。自然素材の家は、みんなをハッピーにしてくれる家なのです。

広告募集中